2012/2/20 月曜日

第1回戦国滝の城まつり – 所沢唯一の城・滝の城(たきのじょう)

カテゴリー: わたしのルーツ,所沢ニュース — hirayama @ 21:16:16 印刷する 印刷する  

所沢唯一の城・滝の城(たきのじょう) 滝の城址公園 第1回戦国滝の城まつり

所沢に実質唯一現存する城跡「滝の城」(たきのじょう)に久しぶりに行ってきました。

滝の城は、鎌倉武士だった私の先祖・平山一族が、北条方の「清戸三番衆」として交代で警護に詰めていたようです。
http://www.jimonet.co.jp/ceoblog/?p=266

清戸三番衆
http://www.rekishi.sagami.in/hachi.html

滝の城(たきのじょう) 戦国滝の城まつり

滝の城(たきのじょう) 戦国滝の城まつり
なんと、城門まわりやお堀まわりの整備が進んでいて、登城気分がちょこっと味わえるほどになっていました。

滝の城(たきのじょう) 戦国滝の城まつり
しかも、5月20日(日)「第1回 戦国滝の城まつり」が開かれるそうです!
「戦国」「城」と来れば、行かねばなるまい!

所沢市内には、山口城も一応は跡が残っていますが、単なる「残土」になっていて、復帰は望むべくもありません。

滝の城は、柳瀬川を望む崖からの眺めもとてもきれいでおすすめです。

関連する投稿:

8 Comments »

  1. 初めまして!
    「滝の城まつり」の(一応)関係者です。

    檜原で勇戦敢闘した、平山一族ゆかりの管理者様のブログということで、
    キーボードを打つ手が震えております・・・。

    「滝の城まつり」紹介していただいて感謝感激です。
    第1回ということで、何もかもゼロからのスタートですが、
    お客様・参加者が共に楽しめるお祭りにしたいと思っております。

    武者行列、寸劇等々、
    準備も着々と進んでおります。
    当日は是非、遊びに来てください!
    お待ち申し上げております。

    Comment by 陸奥守 — 2012/3/15 木曜日 @ 21:18:04

  2. 陸奥守さま
    はじめまして
    平山です

    北条氏照の関係者さんですか?

    それにしても檜原城落城のことをご存じとは相当お詳しいですね。

    私の父は千葉の匝瑳出身で、付近には平山姓が多いです。

    檜原の戦いで滅んだ平山一族は千葉の成田のほうに逃げ落ちたらしいので、私の血にも鎌倉武士の血がいくらか混じっているのでしょう。

    「滝の城まつり」ぜひとも見させていただきます。

    わざわざコメントいただきありがとうございました。

    Comment by hirayama — 2012/3/15 木曜日 @ 21:38:06

  3. お返事恐縮です(汗)
    まず、氏照公とは何のつながりもございませんです。

    趣味で郷土史研究の真似事をやってまして、滝の城の近所に生息しているご縁で、
    氏照公(大石源三)&小田原北條氏について調べております。

    平山一族は檜原以降の消息が分かりませんでしたが、そういうことなのですね・・・。

    一石十兵の堅塁・檜原の善戦は、資料も少なく不勉強ですが、「わらじ」の話や、
    八王子から脱出した城代・横地監物と共に、西国の大軍を迎え撃ち、
    刀折れ、矢玉尽きた後に、当主平山氏重公は潔く自刃されたという話は存じております。

    檜原落城の秘話についても、いずれ調べてみたい課題です。

    これも何かのご縁。当日ご挨拶できれば良いのですが・・・・。
    (多分、寸劇終わるまでパニクってます・汗)

    Comment by 陸奥守 — 2012/3/15 木曜日 @ 23:17:34

  4. 檜原村観光協会によると、檜原落城の少し前に、鶴寿姫というお姫様が千葉に落ちのびていったようです
    http://hinohara-kankou.jp/rekisi.html

    檜原平山氏も一部が落ちのびて、奥多摩に隠れ住んだという言い伝えもあるようです。

    いずれにしてもだいぶ昔の話です。

    当日、ご挨拶させていただきたいので、会社のホームページにある写真を見かけましたらお声なんぞかけていただければ幸いです。

    Comment by hirayama — 2012/3/16 金曜日 @ 14:52:36

  5. 平山さん。
    FBではお世話になっております。
    武者行列は地元東所沢駅から出発するので、
    とても楽しみにしています(^_^)

    ところで、平山さんって、
    由緒正しい家柄の出身だったんですね。
    普段のつよぽんからは想像できないのでした・・・(-.-)

    Comment by 橘浩一 — 2012/4/9 月曜日 @ 9:33:00

  6. 橘さん、このブログまでお越し頂きありがとうございます。由緒正しいですが、鎌倉武士は実質・野武士みたいなものだったはずです。この祭りは大きなお祭りになっていくかもしれませんね!

    Comment by hirayama — 2012/4/9 月曜日 @ 15:23:35

  7. 今日はご多忙のところ、足をお運びいただき、感謝感謝です!
    お会いすること叶うかと思っていた矢先に、偶然にもお会いする機会に恵まれ、
    何か不思議なご縁を感じました(笑)

    寸劇、ご覧いただけましたでしょうか?
    本番に近いリハは、昨日一回行ったのみなので、お客様の反応が気がかりです・・・。

    運営側でも、最後の一瞬まで気になっていた動員数の問題は、
    こちらが逆に驚くほどの大盛況で良かったです♪

    取り急ぎ御礼のご挨拶まで。

    城代

    Comment by 陸奥守です — 2012/5/20 日曜日 @ 20:43:47

  8. 陸奥守様、昨日はお世話になりました。

    ほんとにあれだけの甲冑武者がいたなかで、ちょっとした偶然でした。

    ブログでも紹介させていただきました。
    http://www.jimonet.co.jp/ceoblog/?p=2905

    Comment by hirayama — 2012/5/21 月曜日 @ 19:16:30

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

Copyright (C) 2006-2019 JIMONET INC. All Rights Reserved.