2016/8/30 火曜日

8/30(火) 八王子の空き家再生スペース「 となりわ」/久繁哲之介氏「成功事例のモノマネに頼らない!多摩地域 商店街活性化サミット」

カテゴリー: まちづくり関連,プライベート,店舗・空間関連 — hirayama @ 17:51:55 印刷する 印刷する  

八王子の空き家再生スペース「 となりわ」

地域密着型ブログサービス「たまりば」主催の、地域再生プランナー 久繁哲之介(ひさしげ・てつのすけ)氏のセミナー「成功事例のモノマネに頼らない!多摩地域 商店街活性化サミット」に参加しに、八王子商工会議所に行ってきました。

懇親会の会場が、なんと!前から行ってみたかった八王子の空き家再生スペース「 となりわ」のすぐ近くでした。

となりわ
https://www.facebook.com/tonariwa/
公式サイト
http://tonariwa.jimdo.com/

車に乗せて送ってくれた「シミズパーク」の清水栄さんも何か「となりわ」に用事があったみたいなので、ご一緒させていただいて、店長さん?と図々しくも一緒に写真を撮らせてもらいました。

夜だったし、急いでいたので、パパッと撮影ですし、あまり見学もできなかったのですが、どうやら夜は飲食店メインみたいです。

入口をみると写真のような感じで間口2mの道路接地がありません。やはり再建築不可物件の活用だったわけで、こういう塩漬け物件というのは逆に「ピンチがチャンス」の活用形があるなと確信しました。

面している「えくぼ通り」も個性的なお店が多かったです。

関連する投稿:

2015/10/5 月曜日

新宿の人気カフェ「Brooklyn Parlor」(ブルックリンパーラー)「SCOPP CAFE」(スコップカフェ)

カテゴリー: プライベート,店舗・空間関連 — hirayama @ 19:27:58 印刷する 印刷する  

土曜に入れなかった新宿の人気カフェ「Brooklyn Parlor」「SCOPP CAFE」の写真。

満席で入れなかった「バルト9」の下にある「Brooklyn Parlor」(ブルックリンパーラー)は、ジャズで知られる「ブルーノート」がプロデュースしたカフェ。「人生における無駄で優雅なもの、ぜんぶ。」というのがコンセプトで、内装もすごいようだ。

そもそも「ブルーノート」って老舗っぽく見えて1981年が開業で意外と新参者。ロゴとかブランドコンセプトが優れているのでしょう。

貸切で入れなかった「SCOPP CAFE」(スコップカフェ)は、「新宿3丁目のカフェ」というコンセプトですが、住所は2丁目でした。さすがに「新宿2丁目のカフェ」では違ったブランディングになってしまいますね(笑)

関連する投稿:

2015/9/27 日曜日

武田昌大さん「シェアビレッジ(SHARE VILLAGE)のコンセプトメイキング」 JIDA東日本ブロックデザインプロセス委員会主催「プロダクトデザイン meets SOMETHING NEW!」

カテゴリー: 会社・仕事のこと,店舗・空間関連 — hirayama @ 11:58:23 印刷する 印刷する  

IMG_3788

北秋田で古民家ゲストハウスを運営する武田昌大さんが講師の『「シェアビレッジ」のコンセプトメイキング』という工業デザイナーの全国組織(JIDA)主催のイベントに行ってきました。

「シェアビレッジ」のコンセプトメイキング(「プロダクトデザイン meets SOMETHING NEW!」2015年度第1回)
https://www.facebook.com/events/152685565071104/

会場はフォントで一部に有名なAXISのおしゃれビル!

AXISフォント アクシスフォント

「コンセプトをデザインする」という主旨での開催だったのだと思うのですが、「工業デザイン」という確立された業界の人も「製品のデザインだけじゃダメだ」と新しい時代に合わせるべく試行錯誤しているのだなと思いました。

熱いハートとクールな頭脳を持つ武田さんは「古民家おやじ」になりたいわけではなく、「その先」があるからあれだけの仕事ができるのだなとも。

言ってしまえば「古民家ゲストハウスによる地方創生」で「地方を支える都会のファンコミュニティづくり」なのだと思いますが、「地域活性」とか「コミュニティ」ってどのまちでも課題になっているけど、たいてい陳腐になってしまっているわけで、武田さんの自分の故郷や壊される古民家を守りたかったという純粋な気持ちもあるでしょうが、その違いはやっぱりデザインの差なのですよ。

「差」はずばり「結果」に出ていますが、クラウドファンディング成功の秘訣やネーミング(年貢NENGU、寄合YORIAI、一揆IKKI)などの世界観の構築には、細かな理論と実践があるのも確認。
月に100人の人に会っているそうで、1敗2勝だというクラウドファンディングでも他のプロジェクトのタイトルとかを単語単位で分析しているみたいで、やっぱりそういうものなのだなと。

ここのところ「カフェ」とか流行の「コワーキングスペース」や「ゲストハウス」とかを見て回ってきたのですが、やっぱり一軒のお店にとどまるよりも、社会的使命のための大きな経営のほうが挑戦しがいがあるなと思いました。

「ジモネット」という“コンセプトデザイン”はなんとか軌道に乗ったので成功したのだと思うし、創業時の大きな借金もなくなったので何かしたいなと思う毎日です。

関連する投稿:

2015/9/24 木曜日

池袋コワーキングスペース「FOREST」に行ってきた

カテゴリー: 店舗・空間関連 — hirayama @ 18:26:05 印刷する 印刷する  

池袋コワーキングスペース「FOREST」

池袋のコワーキングスペース「フォレスト」さんへ行ってきました。

池袋コワーキングスペース Open Office Forest(フォレスト)
http://co-forest.com/

40席ぐらいでしょうか。29坪みたいです。20人は利用者さんが居る感じです。

会話・通話OKのアットホームでわきあいあいとしたコワーキングスペースで、7Fのスタッフさんが記事でレポートしていましたが、トイレが男女別できれいでした。

関連する投稿:

2015/9/23 水曜日

一軒家のコワーキングスペース「Hanare ひばりヶ丘」に行ってきた

カテゴリー: 会社・仕事のこと,店舗・空間関連 — hirayama @ 15:30:53 印刷する 印刷する  

本日も朝から焼けた外壁のドリル掘削音で仕事のならないので、緊急避難しにコワーキングスペースに向かいました。

近いとこがいいな~と思っていたら、ひばりヶ丘にあったのを忘れていました。

Hanare ひばりヶ丘
http://hanare-hibari.info/

徒歩10分のようですが、駅からの一本道をずーっと歩き脇に入ってすぐで短く感じました。

完全に一軒家ですが、すぐ前にコンビニとかもあって便利。

隣の部屋で「CoderDojo Hibarigaoka」が始まって、子どもたちの熱中ぶりを横目にして、こういう世代が大きくなったらあっという間に負けちゃうんだなと実感しながら現地を後にしました・・・

関連する投稿:

次ページへ »

Copyright (C) 2006-2019 JIMONET INC. All Rights Reserved.