2014/1/29 水曜日

平成25年度「彩の国経営革新モデル企業」指定式

カテゴリー: 会社・仕事のこと — hirayama @ 22:49:29 印刷する 印刷する  

平成25年度「彩の国経営革新モデル企業」指定式

現在、ホームページを作成させていただいているお客様が「彩の国経営革新モデル企業」に選ばれたので、授賞式に行ってきました(撮影、私)。

伊藤社長おめでとうございます!
http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news140120-05.html

さいたまスーパーアリーナの会場にはたくさんの元気な企業の方が来場されていて、正直、県西部にはない「勢い」を感じました。

関連する投稿:

新田義興(にったよしおき)と「矢口の渡」

カテゴリー: まちづくり関連,会社・仕事のこと — hirayama @ 22:34:41 印刷する 印刷する  

東急多摩川線 矢口渡駅

いきなり自撮りですみません(笑) きょうは朝イチから「矢口渡」(やぐちのわたし)近くのお客様のお仕事でした。
副都心線・東横線直通のおかげで、思ったよりアクセスは簡単でした(多摩川駅での乗り換え1回)。

「矢口の渡し」は、所沢にもゆかりの深い新田義貞(小手指ヶ原の戦いなど)の次男・ 新田義興(よしおき)ゆかりの地のようです。
駅前には、新田義興にちなんだ地域活性化の痕跡を見ることができました。

矢口の渡し商店街 六郷用水 矢口の渡商店街 矢口の渡商店街

父の無念を引き継いだのか、何度も鎌倉攻めをしかけたのですが、ここで謀殺されてしまったようです。

義興が謀殺されたのは実家の近くの矢野口(稲城)という説もあるそうで、これもわたしに縁があるようで興味深いです。

関連する投稿:

2014/1/25 土曜日

「相棒12」第13話「右京さんの友達」(脚本:真野勝成)

カテゴリー: プライベート — hirayama @ 13:38:01 印刷する 印刷する  

「相棒12」第13話「右京さんの友達」(脚本:真野勝成)

録画したものを今さら見たのですが、今週の「相棒12」第13話「右京さんの友達」は良くつくられた脚本でした。

「真野勝成」という人で、相棒シリーズでは初脚本みたいです。

「孤高の変人」杉下警部と「孤独な隣人」毒島が対峙する物語のように見えて、実はテレビ画面を通して脚本家が視聴者に才能とはなにか、人や社会の評価とは何か、精神的な気高さとは何か?を投げかけているストーリーに感じました。

真野勝成さんという脚本家も犬を2匹飼っているようで、
http://mtcdog.exblog.jp/12386181
毒島は、脚本家自身の投影であることは明白です。

映像、音楽、演技も素晴らしく、脚本家のタクトに忠実に動く「愛」を感じました。
「相棒」シリーズの世界観&お約束の上に脚本がのっかるのが普通なんですが、珍しいケースですね。

関連する投稿:

2014/1/23 木曜日

農商工連携のための「きっかけづくり交流会」に出席

カテゴリー: まちづくり関連,会社・仕事のこと,所沢ニュース — hirayama @ 16:08:34 印刷する 印刷する  

所沢 農商工連携 地産地消

農商工連携のための「きっかけづくり交流会」のため市民文化センター・ミューズに来ています。

2/9にオープンタップがある所沢地ビール「株式会社野老社中」さん、観光農園の「北田園」さん、地産地消にも熱心なレストランバー「ノーネーム」さん、グルメイベント「所沢JAZZバル2013」といった食と農関連のホームページも作成させていただいているので、制作実績の展示を設営させていただきました。

所沢 農商工連携 地産地消 6次産業化

所沢の同業仲間で設立した「所沢ウェブ・クリエイター協会」もちょこっと宣伝させていただいています!

所沢 農商工連携 地産地消 6次産業化

関連する投稿:

2014/1/16 木曜日

「ニッポンクラフトビアフェスティバル 2014 in すみだ」に行ってきます

カテゴリー: 会社・仕事のこと — hirayama @ 17:07:09 印刷する 印刷する  

ニッポンクラフトビアフェスティバル 2014 in すみだ

仕事で関わらせていただいている、街バルや地ビールの勉強のため日本最大級のクラフトビールのフェスティバル「ニッポンクラフトビアフェスティバル 2014 in すみだ」に18日(土)、行ってきます。

ニッポンクラフトビアフェスティバル 2014 in すみだ
http://www.craftbeerfestival.org/

・チケットは「クラフトリカーズ オンライン」「街バルジャパン」からネット購入可能
・他、チケットぴあ、ローソンチケット、e+ (イープラス)でも取り扱い
・当日券は4,500円だが、前売りは3,800円とメリットをつくっている
・さらに、ネット購入の先着500名限定で「記念グラス」も(売り切れてた)
・「クラフトリカーズ オンライン」の決済方法はPayPal
・前売り数は全700枚(ということはいまの売上数は500枚以上700枚以下)
・購入後の確認メールを受付で見せて入場するスタイル

といった感じ。
前売りを割安にし、ネット販売に限定品をつけて売上げを早めに確定させる販売戦略ですね。

関連する投稿:

次ページへ »

Copyright (C) 2006-2019 JIMONET INC. All Rights Reserved.