2009/2/7 土曜日

鎌倉街道をゆく 八国山・東村山編

カテゴリー: まちづくり関連,プライベート,所沢ニュース — hirayama @ 0:10:55 

八国山から東村山にかけての「鎌倉街道」です。

大きな地図で見る(別ウィンドウ)

 

八国山の「将軍塚」
将軍塚八国山の「将軍塚」
「久米川の戦い」の際、新田義貞が本陣を構え、旗を立てたと伝えられています。ちなみに「八国山」とは、関東八カ国が見渡せることから名付けられたそうです。

 

松が丘の「悲田処跡」
松が丘の「悲田処跡」悲田処
「悲田処」(ひでんしょ)は、平安時代に旅の途中に飢えや病気に苦しむ旅行者の救護所・宿泊所としてつくられたものだそうです。
やはり、鎌倉以前に「東山道武蔵路」がこのあたりを通っていたのでしょう。

 

「久米川古戦場」
久米川古戦場久米川古戦場
新田義貞が鎌倉攻めの時、小手指河原合戦で鎌倉幕府軍を破ったのち、第二戦を行ったのがこの地だそうです。
久米川古戦場の公園
住むのが嫌がられる送電線の下に、しかたなくつくられたような公園の一角にあり、ちょっと悲しい感じです。
本当の古戦場跡は違うのでしょう。

 

「将陣場橋」
勝陣場橋将陣場橋
やはり新田義貞にちなんだものでしょうか?
「勝陣場橋」というのもあるそうです。

 

「徳蔵寺」
徳蔵寺
新田義貞の鎌倉攻めの戦死者たちを供養した、国の重要文化財「元弘の板碑」を保存した「徳蔵寺板碑保存館」が併設されています。

 

「諏訪神社」
諏訪神社
やはり鎌倉街道沿いには寺社仏閣が多いですね。

 

だいじょぶだァー饅頭の「餅萬」
餅萬だいじょぶだあー饅頭 だいじょぶだぁどら焼き
最後に、東村山出身・志村けんさんと同級生のご主人が営んでいる和菓子屋「餅萬」(もちまん)さん。
小倉づぶ餡の「だいじょぶだァー饅頭」「だいじょぶだァーどら焼き」や、うぐいす餡の「だっふんだァー」シリーズがあります。

関連する投稿:

2009/2/6 金曜日

鎌倉街道をゆく 久米編

カテゴリー: まちづくり関連,プライベート,所沢ニュース — hirayama @ 0:05:40 

所沢・久米のあたりの「鎌倉街道」です。

大きな地図で見る(別ウィンドウ)

 

西武線の線路をこえた先の鎌倉街道
「鎌倉街道」は西武池袋線で一度遮断され、線路を越えてまた続きます。

 

「東山道武蔵路」
所沢市立南陵中学校
ちなみに、すこし脇にそれた南綾中の校庭からは、さらに昔の律令時代につくられた「東山道武蔵路」(とうさんどうむさしみち)の遺構が見つかっています。
上野国から武蔵国府(府中)をつないだ古代の高速道路で、道幅は12メートルもあったそうです。

 

南綾中の校庭脇の説明版
東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)
幅12メートルの道を放棄して、後にできたのが、幅数メートルの野道・鎌倉街道…。
昔の人はけっこうアバウトだったのでしょうか?

 

久米の「吾妻橋」
久米の吾妻橋あずまばし
このあたりは以前、「吾妻村」でした。
「吾妻」という地名は、鎌倉幕府の正史「吾妻鏡」と関係あるのでしょうか?

 

「肥田野酒店」
肥田野酒店恋も咲くところ
吾妻橋の近くには、「恋も咲くところ」を一緒につくっている肥田野酒店さんがあります。
懐かしの10円ゲーム山下商店 手づくりきぬとうふ かむろ
懐かしいゲーム機があったり、手づくり豆腐も売っています。
1日目はここで、ご主人と長く話しこんでしまい、日没。
以前は吾妻橋のたもとにお堂があったそう
ちなみに肥田野酒店さんの前にある石碑は、「吾妻橋」から一時的に移されたのが、そのままになってしまったものだそうです。

 

久米の「長久寺」
長久寺
鎌倉街道上道沿いに多くある時宗のお寺です。

 

新田義貞の「勢揃橋」
新田義貞の勢揃橋勢揃橋
新田義貞が鎌倉攻めの時、軍勢を勢揃いさせたと伝えられる橋です。
その先には新田義貞が陣を構えた「将軍塚」のある「八国山」が見えます。

関連する投稿:

2009/2/5 木曜日

鎌倉街道をゆく 所沢市街地編

カテゴリー: まちづくり関連,プライベート,所沢ニュース — hirayama @ 0:00:15 

所沢にお住まいのみなさんは、
所沢に「鎌倉街道」が通っているのを知っていますか?

鎌倉街道
「鎌倉街道」は、鎌倉時代の交通路です。
鎌倉街道には、上道・中道・下道という3つの主要路があって、
所沢を縦断しているのはもっとも有名な「上道」(かみつみち)です。

鎌倉→町田→府中(武蔵国の国府)→国分寺→所沢→入間川…

と、通っています。

 

わたしの先祖は鎌倉武士でしたので、
先祖が通ったかもしれない道を土日に歩いてみました。

 

狭山・堀兼から新所沢の手前までも一直線に走っているのですが、
宮本町の新光寺から久米までもきれいに真っすぐの道が残っています。
「Google Maps」に全ルートを載せましたので、PCから見てください。

大きな地図で見る(別ウィンドウ)

 

道碑のある「新光寺」
新光寺新光寺
「新光寺」は、源頼朝が鷹狩に行く途中に昼食をとり、新田義貞は鎌倉攻めの途中に戦勝を祈願したお寺だそうです。

 

鎌倉街道
「新光寺」の門前から、真っすぐ道が続いています。

 

三八の市の「実蔵院」
実蔵院
山号は野老澤(ところざわ)の地名の由来となった「野老山」。参道では伝統の「三八(さんぱち)の市」が現在も開かれており、墓地には歌人・三ヶ島葭子(みかじまとしこ)の墓もあります。

 

まっすぐな鎌倉街道まさに一直線
NTTから星の宮にかけても、真っすぐな道が。

関連する投稿:

2009/2/4 水曜日

入川秀人さん 「CAFEを通した街づくり」

カテゴリー: まちづくり関連 — hirayama @ 1:51:08 

飲食ビジネスの学校「スクーリング・パッド」主催のセミナー、
「Cafeを通して見えてくる街づくり」に行ってきました。
場所は、廃校をリノベーションした「世田谷ものづくり学校」。
ここは民間企業が運営しているそうです。
世田谷ものづくり学校世田谷ものづくり学校
写真のような感じでオシャレな入居者多数。

世田谷ものづくり学校世田谷ものづくり学校
小学校の雰囲気をまるまる生かしたつくりでした。

世田谷ものづくり学校
http://www.r-school.net/
スクーリング・パッド
http://www.schooling-pad.jp/

入川スタイル 入川 秀人さん
セミナー講師は「カフェ・カンパニー」の創業者・入川秀人さん。
「WIRED CAFE」や「CAFE 246」…というよりも、
六本木ヒルズの、スタバとTSUTAYAのコラボ物件が代表作でしょう。
あと、原宿「キャットストリート」もこの人のプロデュースですね。

話を聞いて正直すごいな~と感じました。

コンセプトの全てに理由があり創意工夫がありました。
カフェをやってみたいという人は多いと思います。
一つのお店なら成功させることはできるかもしれません。
でも「一つのお店で街を変える」ことは大変でしょう。
違うコンセプトの店をつぎつぎと成功させるのはさらに大変でしょう。
「まちづくり運動」にありがちな「想い」とか抽象的な言葉がなかったのも良かったです。
資本主義のルールの下では「結果」が大事ですから。

関連する投稿:

« 前ページへ

Copyright (C) 2006-2022 JIMONET INC. All Rights Reserved.