2015/2/25 水曜日

「里山資本主義」日本経済は「安心の原理」で動く 藻谷浩介

カテゴリー: まちづくり関連,会社・仕事のこと,読書関連 — hirayama @ 22:16:50 印刷する 印刷する  

「里山資本主義」日本経済は「安心の原理」で動く 藻谷浩介

敬愛する所沢地ビール「野老社中株式会社」吉村社長がおすすめしてくれた「里山資本主義」、やっと読了しました。

この本が言いたいのは一言で要約すると『地域内循環経済』。自分流解釈では、適度な小都市でも「成り立つ」社会をつくりましょう!ってことなのかなと。

それは少し前の日本では当たり前にあった光景で、わたしのような郊外の新興住宅地育ちでも、小学校のクラスには青果店とかクリーニング店、理髪店、自動車修理店の息子なんかが必ずいました。

そんなことかなと。

ベストセラーと比肩するのはおこがましいですが、それは、「なんだ。自分が所沢で16年、目指し、実践してきたことじゃない??」と思いました。
◆所沢でひとり暮らしを始め、庭付き一軒家を借りたのが1999年
→思えば「LOHAS」なんて生活スタイルの先がけでした(笑)
◆庭で野菜やハーブを栽培するも、都心の大商社で働く忙しさから見事に枯らしてしまい(笑)所沢で起業したのが2003年
→所沢で食べて行こうと漠然と考えました
◆以来、顧客の大半は地元・所沢で、なんとか食べていけるようになりました
どうしても、「過疎地で仙人のように暮らす」といった事例が刺激的すぎて、色んな意味で勘違いする人が多そうですが、大半が『埼玉都民』として東京に仕事・娯楽・情報を依存している「所沢市民」こそ持つべき「別視点」かなと。

そのために自分のできることは・・・やっぱり、足元の本業(ネット)で仕事をいただいている地元企業を強くしてあげることですね。

「里山資本主義は保険」という記述が的を得ていると思いましたが、所沢市民にとって「地元経済は保険」だと思います。
本書では木くずによる発電がイノベーションとして取り上げられていましたが、そんなものが無くても、例えば「プロパンガス」なんてのは地域に密着したインフラとして「保険」になっていると思います(都市ガスはオオモトが被災してしまうとすべて止まってしまいます)。

「都心なんでも一辺倒」ではなくて「違った視点」も持った人がファッションやポーズでなく真に増えてくれるといいですが、それは地元の魅力発信という努力と両輪なので、さらに頑張ろうと思った読書感想でした。

関連する投稿:

2015/2/10 火曜日

「MASTERキートン Reマスター」 喜びの壁 アッシジの聖フランチェスコ

カテゴリー: 読書関連 — hirayama @ 6:42:18 印刷する 印刷する  

「MASTERキートン」の続編「MASTERキートン Reマスター」がいつの間にか出ていたので読みました。

MASTERキートン Reマスター

「MASTERキートン」は「YAWARA!」「20世紀少年」浦沢直樹さん作の漫画で、90年代に人気を集めました(わたしの若いころ!)。
当時一部マニアの間で流行った海外ドラマ「冒険野郎マクガイバー」と少し似ていて、普通の娯楽作品とはちょっと違った、「理想主義」や「ヒューマニズム」が描かれた作品でした。

旧作では、『喜びの壁』という「アッシジの聖フランチェスコ」(小鳥までもが説教を聞きに集ったという伝説で知られる聖人)にまつわる回が大好きで、ネットで調べてみるとファンの間でも神回と認識されているようです。
「俺達は一人で生き、一人で死んでゆくが、この一瞬、この場にいる生き物だけは、自分の宇宙を抜け出して・・・同じことを感じている。」という動物たちと心を通い合わせるラストシーンがあるのですが、とても感銘を受けました。

関連する投稿:

2015/2/8 日曜日

「いるバル」で売っていた、入間名物「いるまんじゅう」

カテゴリー: まちづくり関連,所沢ニュース — hirayama @ 18:18:16 印刷する 印刷する  

入間名物「いるまんじゅう」 入間名物「いるまんじゅう」 入間名物「いるまんじゅう」
1/29(木)に入間に行って参加した街バル「いるバル」で買った、「いるまんじゅう」を食べてみました(賞味期限は3/22までと長いです)。

「週刊少年ジャンプ」のマンガに出てきた架空のおまんじゅうを商品化したものです。
http://iruma-kanko.jp/irumanjyu/
(連載マンガ「暗殺教室」の作者・松井優征さんと同じく連載中の「斉木楠雄のψ難」の作者・麻生周一さんが、二方とも入間市出身で、コラボマンガ「番外編「殺せんせーVS斉木楠雄 ~入間市最終決戦~」が作成され、その中で入間市各所や架空のまんじゅうが登場したとか・・・)

味はふつうですが、個別包装を空けると、狭山茶のやさしい香りが拡がりびっくりしました。
香料は使ってなさそうなのですが、これほどの強い香りを出せるのはすばらしいです。
現在買えるかわかりませんが、イオン入間店で販売していたようです。

関連する投稿:

Copyright (C) 2006-2019 JIMONET INC. All Rights Reserved.